忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 相談内容

 私は結婚して六年になるのですが、義父の目が気になるのです。
 義父は今現在も勤めている会社の上司でもあるのですが、とにかく嫌らしい目で私を見るのです。
 一日中、朝起きて出勤し、帰って寝るまで。
 出社する電車の中では体を密着させられ、会社では肩や尻、股間まで冗談混じりに触れてきます。更には、しつこくお酒を飲みに誘うのです。家で飲めば良いと断るのですが、なかば強引に付き合わされるのです。
 そしてヒワイな話を聞かされます。時には私たち夫婦の生活を聞きたそうな素振りも見せて。
 いくら会社の上司であれ、義父であるとはいえ、度を過ぎているとは言えないでしょうか。
 私は婿養子という立場のため、あまり下手な態度も取れないのですが、妻を愛している一心で我慢してきました。
 けれども、もう、こんな生活には耐えられません。
 どうかお願い致します、私に良いアドバイスを下さいますように。

 相談者 三十一歳 会社員 男性

 回答

 あなたのお義父様は、純粋にあなたと仲良くしているだけでしょう。
 むしろ問題は、それを性的に捉えてしまうあなたにあるのではないでしょうか。
 幼少期に何かあった場合は別ですが、あなたにはホモセクシュアルかバイセクシュアルの傾向が隠されているのかも知れません。
 あなたはお義父様に恋心を抱いているのではありませんか? それを否定するために、あなたはお義父様を遠ざけているのではありませんか?
 あなたには、私と同じ臭いを感じます。
 一度、ご自分の心を確かめてみてはいかがでしょう。

 回答者 作家 動静愛
PR
  

 内紛激しいアフリカの野戦病院は、前線から比較的に離れた場所にある。
 そこに在籍する一人の日本人医師は、何の組織に属する事もなく自らの意思によって、単身この戦場に身を寄せている。
 彼の学生時代の成績は、良い方ではなかったが、人手が足りない戦場下において珍重されていた。
 先進国から来た医師であるという事もあってか、彼の拙い知識でもこの地にあっては大きな意味を持った。さらには、切り目ない手術をこなす中で、徐々にではあるが外科医としての技術も向上してもいたのだ。
半死半生の重傷患者から腕を射たれた軽度の患者まで。
 噂を聞きつけた村人たちの診察も増えてきている。彼は不眠不休に近い状態で、命を曝し危険を省みず、時には地雷源を越えた村にまで往診に行く事もある。
 休みはないが、彼は充足していた。医大の成績で燻っていた時よりも。自分を必要としてくれている現地の人の想いによって。
 彼の居る病院から離れた村に、難病を患った少女が居た。何度も往診し、小康状態を保っていたが、そろそろ彼の手に余る状況へと悪化しているのが彼には分かっていた。
 そもそも内紛のせいで食糧難の生活の中、現状を維持している今の病状事態が奇跡でもあった。
 彼は困窮している村人たちに必死で訴えかけ、同時に母国へ受け入れの打診をした。
 そうして、あと数週間後に出国する事となり、その準備をしていた頃、少女の村はゲリラ支援の疑いをかけられ急襲された。
 民族間の紛争。
 数年前までは手を取り合っていた異民族が急に敵となり殺し合う。
 民族感情に疎かったせいもあるだろう。彼は野戦病院の中で中立を保ち、どの民族にも拘る事なく接していたが、少女の命が失われた事で、自分の気持ちが揺れ始めていく事を感じていた。
 しかし患者は彼に考える暇もなく押し寄せる。
 気持ちの整理が出来ないまま、彼は執刀を余儀なくされる。
 そんな時だ。ある患者が野戦病院に担ぎ込まれて来た。腹部に被弾した兵士だった。早速手術の用意をする。
 開腹してみると、重要な血管に弾丸が突き刺さっている。
 盲貫銃創。
 盲貫銃創とは体に銃弾が残っているため、弾丸を摘出する事に慎重を有する。貫通していたなら血管をつなぎ、損傷した臓器を修復するだけで済むのだが、盲貫銃創には神経を磨がねばならない。
 不安定な彼の心は迷い、平素ならば慣れた仕事なのだが躊躇いが出る。
 野戦病院にあって、人の死に慣れてしまっていた自分。その一本で救えた筈の命を失った喪失感。命を天秤にかけていた積もりはないのだけれど、この傾きは何なのか。
 今の精神状態では難しかった。しかし、一人の少女の命を失い、彼は捨て鉢な気分に陥ってもいた。
 失敗しても成功しても、どちらでも良い。
 彼は半ば仕事を投げ出し、運を天に任せてしまった。

 運は、そして天は患者に味方した様だった。
 兵士の手術は成功し、彼は術後の経過を診察している。
 その会話の中で、この兵士こそが少女を殺した当本人だという事が判明した。
 当惑する彼を尻目に、兵士は滔々とその時の事を語った。
 茫然とする彼に気付き、兵士は彼が何に困惑しているのかを尋ねた。
 答えを得て、兵士は「仕方がなかった」と一言呟いた。
「仕方がないだと」彼は憤激した。「ベッドも無く、地べたに寝込んでいるだけのあの娘に、どうして殺す理由がある」
「命令だったんだ」兵士はたじろぐ。「村人たちが資金を集めている、だから全員殺せと」
「馬鹿な」彼は嘆いた。「あの資金は彼女を日本に送る為のものだったのに」
「そうだったのか、それは済まなかった。しかし上官の命令は絶対なのだ」
 何も皆殺しにする事はなかったろうと言おうとして、やめた。命令には逆らえなかったのだろう。
 だがそれ以上に、彼が少女に対して奔走した事が裏目に出たという事実に愕然としていたのだ。
「傷が治ったら」彼はようやく口を開いた。「傷が治ったら、君はまた人を殺すつもりか」
「しばらくは戦闘から外されるだろう」兵士は答える。「だがそれからは、配属されてからしか分からない」
 彼の表情は強張り、立ち去ろうとする。
 その背中に向かって兵士が言う。
「しかし戦いが終わらない限り、ドクターが食いっぱぐれる事はないだろう。俺だって同じ事さ。兵士にならなきゃ、この国ではロクに物が食べられない」
 兵士の言葉が、彼を引き裂いた。
 彼は一人の医師として、人道主義の下、中立の立場に立ったのだ。しかし、その結果には更なる殺戮が始まるだけ。
 人道主義とは一体何なのか。元来の人道主義とは哲学の分野であり、理性による自己を統率するという意味である。
 ならば自分は━━彼は思った━━エセヒューマニストという所か。
 彼は自分の甘さと現実の厳しさに嘆かざるを得なかった。
  

 俺は普段から大言壮語を吐くが、それは場の雰囲気が盛り上がったための、浮わついた気持ちでしかない。
 つまり俺という人物はお調子者で、そのくせ大したことの出来ない男である。
 いざという時には何も出来ないのだ。心が萎縮してしまう。
 そんな俺は今、途方もない恐ろしさに駆られている。
 俺はカーブの多く狭い道を走っているのだが、真後ろの車が煽り運転をしているのだ。
 まるでトムソンガゼルを襲うトラかライオンみたいに。
 困った事に、相手は短距離を走る野獣ではなく、車体に派手な塗装を施して意気がっている追跡者であるという事だった。
 時速は60キロを維持している。車間距離は数十センチ。俺はこの速度のままカーブを曲がり、そのたびに冷や汗が流れる思いがする。しかし相手はお構い無しだ。
 怖い。
 とても怖い。
 事故でも起こしたらどうしよう。
 怪我をするだろうな。
 痛いだろうな。
 死んじゃうかも知れないな。
 ああイヤだ。
 そういえば、この道にはパトカーが潜んでいるとう噂だ。なのに、こんな時に限って、どうして居ないのだろう。
 ━━パトカーか。
 もし見つかったら、どちらの罪が重いのだろう。速度超過の俺だろうか。いやいやいや、危険運転規制法に照せば後ろの車の方が悪いに決まってる。
 パトカーが張ってないならいっそ……携帯から通報してやろうかとも思う。
 しかし運転中の携帯電話は使用禁止のはず。
 想像してみる。
俺「あの、今、危険な道路で煽り運転されて困っているんですけれど」
警官「はいもしもし。貴方は今、後続の車からある種の妨害を受けているんですな」
俺「そうなんです。もうどうしたら良いのか分からなくて」
警官「今はどんな状況なんですか」
俺「ですから車に━━」
警官「いやいや、そうではなくて、どこの道を走っているのかとかいう情報が聞きたいんですわ。こちらとしましてはね」
俺「あ、この道、あれです━━おっとカーブが━━」
警官「あれ、あんたもしかして電話しながら運転してる? そりゃ良くないなぁ」
 なんて事になったりはしないだろうか。
 しかし今は緊急事態である。命がかかっている。いや、確かに携帯を使用しての事故は確かにあるのだが……しかし!今は一刻を争う事態である。
 俺は意を決して携帯電話を掴み、バックミラーを一瞥する。
「あっ」思わず叫んだ。
 いつの間にやら車は消えていた。
 ゆるゆると速度を落として停車する。
 木立の向こうに走る車のライトが見え隠れしていた。
 なぁんだ、あんな所に脇道があったのか。
 安心した俺は一息吐くと、車を発車させた。
 カーブの多い道が終わり、緊張と恐怖心から解放された俺は、気分良く車を走らせる。
 ここからは一本道。道幅も広く爽快。気持ちが大きくなる。
 うん。
 いつも通りの俺だ。俺に戻った
 安心したのも束の間、遠くで赤い光が点滅する。
 制服を着た男が警棒を持って誘導する。
「駄目だよ、いくらカーブから解放されたからって、そんなにスピード出しちゃあね」

 言うまでもなく、男は交通課の警官だった。
「いや、これには理由がありまして」
「皆そう言うの。まったく参っちゃうね。でも規則は規則、ちゃんと守らないと。法定速度よりも30キロオーバーだよ」
「あの」俺は悔しさを隠せず愚痴をこぼす。「いつものカーブで張ってなかったんですか」
「ああ、それね」警官は素知らぬ顔して書類を取り出した。「さすがにあそこはバレてるからね、気の緩んだこっち側で張る事にしたんだよ。お巡りさんだって考えてるんだからね」
 肝心な時に頼りにならない。俺は口の中が乾いていた。まるで砂を口いっぱいに頬張っているような気分の中に陥った。
  

 レンタカーがエンストしてしまい、彼女は旅先でとても困っていた。
 昼間は夏の日差し眩しい猛暑であったが、幸いにして今は夜。一雨降ったおかげもあって、涼風が彼女の長い黒髪を撫でる。
 夜明けまでには海へ着きたいと、彼女は思っていた。
 目的はサーフィンである。
 友人たちは二日前から、波乗りを楽しんでいるはずだ。彼女だけが仕事の都合上、遅れてしまっていたのである。それだけに海辺が恋しく、早く友人たちと合流したかった。
 けれど、四車線の広い国道、一本道での災難。路肩に寄せることもできず、彼女はハザードを点してハンドルに突っ伏している。
 夜の国道は大型車の通りが多い。危険とクラクションの恐怖の中、彼女は泣きたくなった。
 だが、捨てる神もあれば拾う神もある。
 一台のBMWが彼女の脇を通過し、ゆっくりとバックで戻ってきた。
 BMWは彼女の車の前に停車すると、ドアが開き、一人の男が現れた。
「どうかしましたか」男は彼女に尋ねる。
「ええ、あの」電気系統まで遮断され窓を下ろせない。彼女はドアを少し開けた。「なんだかエンジンが止まってしまって━━」
 男の顔を見て、彼女は少し安心した。と同時に怒りも込み上げてくる。その男は、かの車を借りた会社の係員だったのだ。
 彼女は彼にひとしきり文句をふつける。
 男は平身低頭して詫び、車のボンネットを開け、チェックした。
 ライトを片手に機器を探る男の顔は整って見えた。客に対する誠実さも伺えたせいか、彼女の怒りは少しずつ薄れていき、男に多少の興味を覚えた。
「申し訳ありません」男は言う。「何かの手違いで修理に出そうとしていた車をお客様にお渡ししてしまいました。お代はいつでも返金致しますので━━」
「でも」彼女は諦め口調で言う。「どうしろって言うの、こんな夜中に車の中で泊まれってでも言うつもり?」
「さすがにそれは━━どうでしょう、もしお嫌でなかったら、私の車でお送り致しますが?」
 彼女は少し考え、男の提案に同意した。
 二人は街灯の下、故障車を牽引して路肩に寄せる。
 彼女はサーフィン歴が浅く、ボード等はレンタルするつもりだったので、手荷物はスーツケース一つだけだった。
 二人は改めてBMWに乗ると、夜の道を走り出した。
 彼女は横目で運転する男を見た。この時間まで残業していたのか、めくり上げたワイシャツの袖から日焼けした腕がハンドルに伸びている。少し弛めたネクタイも様になっていた。
 彼女の脳裡に淡い期待感が横切る。
「ささやかなお詫びとして」男が言った。「一杯、奢らせて頂けませんか」
 彼女の心は揺れた。
 結局二人は、彼女が泊まるべきホテルへの道を曲がらず、男の自宅へ向かうことになった。
 家に着くと二人は車を降り、中へ入る。
 男は冷蔵庫からビールとつまみを取り出してから、二つのグラスを用意する。
 ビールを飲んでいるうちに、彼女は違和感を覚えた。
 意識はハッキリしているのに体が動かない。
「そろそろ薬が効いてきた頃かな」男はにやりと笑う。
「何」彼女はかろうじて言葉を発することができた。「何のつもり」
「あなたは美しい」男は舐めるような視線で彼女を見る。「けれど、美しいからこそ許せないんですよ」
 男の冷たい笑顔に彼女は凍りついた。
「何を言ってるの」
「あなたは美しい」男の目は酒と違った物に酔っていた。「しかし、その美しい皮膚の下に汚らわしい内臓が詰まっていると思っただけで許せなくなる! 車のように外見も中身も機械的な美しさを持つべきなのに、あなたの体の中にはヌルヌルした臓物が詰まってる!」グラスが投げられ、割れる音が響いた。「私がいまから、中、外共に美しくして差し上げますよ」
 動けない彼女を裸にすると、男はナイフを掴み躊躇いなく胸から陰部の上まで切り裂いた。
 彼女は痛みで悲鳴を上げることもできない。
 鮮血がほとばしり、黄色がかった脂肪を掻き分け白い腸がウネウネと飛び出る。茶を帯びた肝臓やピンクの胃が溢れ出す。
 男は臓物をすべて引き出すと、バラ、ユリ、ベゴニア等色とりどりの花を敷き詰めた。
 満足そうに見下ろす男の表情が、正気を失った彼女の顔を見て急変する。その感情は怒り。
「いつも、いつもだ! 折角美人に故障車を渡して綺麗にさせようとしているのに、作業が終わった途端に醜い顔して死にやがる!」
男はそう叫んで涙した。
  

 世界は輪郭を失って、マーブル模様に混じっている。
 私の視点を中心に、時にはいくつかの渦を造って。
 ベッド脇のまどから見える街角は、段段と空の青さに侵食されていく。
 空が大きすぎるせいだろう。
 田舎のサナトリウムは退屈すぎる。
 雲の白が青に混じり、太陽は歪んで原型を留めていない。
 眩しくて、眼が傷んだ。
 寝転がる。
 天井のパネル模様が、すぐさま混じりだす。
 クリームに輪郭の黒が撹拌されていく。
 剥き出しの蛍光灯はぐにゃりと曲がり、S字になってU字になって、丸になる。青白い光の輪は天使の輪、エンジェルハイロウにも見える。けれどそれも一瞬のことだ。すぐに球体状に変化して、木星の斑点のようにぐずぐず溶ける。
 端に見えるカーテンも、破れるというより、フィルムが炎に焼かれるようにして穴がぽつりぽつりと開いていく。
 頭の中がぐるぐる回って気持ちが悪くなってきた。
 こっそり入手した幻覚剤。
 これを止めるためにサナトリウムへ入ったというのに、このザマだ。止められない。
 久し振りに薬を喰ったせいか、今の私には、この景色が不快でしかない。
 目をつむる。
 しかし目蓋を透過した光のせいで、私の視界は安らげない。黒ずんだ赤い血液が網膜に映る。
 手を眼窩に押し付ける。
 目蓋の裏には白っぽいノイズが走り、次いで緑の光が浮かんでくる。
 手に力が入りすぎたのだろう。
 もちろん白いノイズも緑の色も、目蓋の裏で渦巻き始め、赤黒い血の色を背景にして、そこここマーブル模様が乱立していく。
 私に安息は訪れないのか。
 少なくとも、幻覚剤が切れるまで。
 自業自得。
 分かっていても、手が伸びる。私はいずれ、また薬を求めてしまうのだろうか。
 背筋に脂汗が滲む。
 怖くなった。
 初めは遊びだったのに。
 いつからこれ程にまで深入りしてしまったのだろう。
 いつでも止められる、そう思っていた。
 自分は依存性になどならない、その自信があった。
 けれど結果的にそうした慢心が、甘えと心の隙を作ったのだろう。
 ああ、このマーブル世界から抜け出すためには、眠るが自殺するしかない。
 しかしこの施設には自傷の恐れがある物は没収されることになっている。
 私は、惰眠に逃げようとした。
 だが、このような状態で眠れるわけがない。
 幻覚剤のせいで交感神経も苛立っている。
 眠ることを諦め、私は再び窓外に視線を向ける。
 雲は、いつの間にか消えていた。
 太陽も傾き、その位置はサナトリウムの裏側へと回っている。
 知らぬ間に寝ていたのだろうか。冷めた昼食がベッドサイドに置いてある。
 嫌、違う。薬の作用で時間の感覚を狂わされていたのだろう。
 体の動きも鈍い。
 思考に残る、この気怠さも鬱陶しい。
 青い空が私の目を射抜く。
 夕方までには、まだ時間がある。
 私は空を見続けている。
 青さだけを目に刻む。
 青一色。
 そのはずなのに、青の濃度は空の高さによって微妙に違う。
 私の視線は混乱したままだ。
 サイケデリック・ブルー。
 この世界に溺れていたい。
 その青さに甘えていたい。
 刹那、そう思う。
 けれどそれは同時に苦痛を伴う物だ。
 甘えと苦しみと迷いの下で、私は一体どこへ行こうとしているのだろう。
 誰か、教えてくれ。
 お願いだ。
 誰でも良いから、私をここから救ってくれ。
  

Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]