忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 目を閉じて、脳内マップを開いてみて。
 宇宙の地図だ、良く見てご覧。
 銀河とアンドロメダが近くに見える?
 ダメダメ、もっとマクロに! 巨視的に見るんだ! 隣り合う銀河が一つのペアに見えるように! いいや、もっとだ! 幾つかの星雲や星団が一塊の星に見えるほどに!
 すると、見えるだろう?
 宇宙の地図が。
 真ん中から火花のように、左右に銀河団がキラメキ散っているのが。それはアイスピックで砕かれたアイスロックの破片みたいに、二つのクラッカーを同時に割ったみたいに、まばらで対称的だろう?
 これが、この宇宙の在り方らしいぜ。
 もっとも詳しい事は分からない。その宇宙地図の何処に、この太陽系を含んだ銀河があるのかなんて。何年も前の新聞記事だったから、そんなもの忘れちまった。
 とにかく、宇宙マップを広げるんだ。
 聞こえるかい? 宇宙のうねりが、星団の鼓動や、そこにへばりつく生命の息遣いが!
 聞こえるわけなんてないよな!
 人間の耳は音しか聞こえないんだから! 音とは空気の振動、真空で大気の無いな宇宙で音なんか聞こえるハズが無い!
 でも、人間に受容器官がないってだけで、宇宙自体が静かって事もない。様々な宇宙線に溢れている。きっと人間がそれを感知したなら一瞬で気が違っちまうさ。
 まぁ、そんな細かい話なんてどうだっていい。
 宇宙の形も、ミルククラウンほど美しくはないし、北斗七星みたいにワビもサビも無い。
 宇宙線を聞く前に、人間は宇宙服で防護しなければ、宇宙空間に出られない。
 ただ、宇宙が二つの極に向かって膨張しているって事を、知ってもらいたいだけの話さ。
 一方の極の、さらに末端。つまりは中心から離れた、一番の前線って言っても良い場所から、オスだかメスだか分からない、宇宙最古の生物が中心に向かってる。いいや、本当はその先、反対の極へ行きたいんだ。そこには、その生物のツガイとなるべき唯一の生物が居るのだからね。
 そう、実際、反対の極からも相手となる生物が向かっているんだ。
 不幸にも、ビッグバンの瞬間に、その生物は手を放してしまっていたんだよ!
 初めはゆっくりでも間に合うと思ってた。
 けど、いつの間にか膨張する速度は光の早さを越えて、二つの生物は近付こうとするのに離れてく! どんどんどんどん離れてく! 永遠に会えない宇宙ディト!
 なんていう悲劇だろう!
 一瞬の刻が、永遠の別れを作ってしまうだなんて!

 ……まぁ、こんな話を作った所で、誰の心も癒せやしない。
PR
  

 最近、寝起きが悪い。
 麻酔医という仕事柄、睡眠不足は否めない。だが、慣れているはず。
 常駐医からフリーになり、収入はアップ、ある程度自分の時間も持てるようになれた。
 なのに、頭が重い、体がダルい、寝返りすら面倒臭い。
 意識の底に、粘りつく鉛が溜まっている感じ。
 枕の隣で、携帯が鳴っている。
 多分、仕事のだろう。
 右手を動かす。
 それは胸の上を這う虫のような感覚。
 自分の手なのに、別の物体が動いているみたいだ。
 携帯を掴み、電話に出る。
 電話の相手は予測通り、緊急オペの呼び出しだった。
 相手の話は分かるのに、内容が分からない。
 寝返りのせいで、理解するための思考が活動していないのか。
 私は仕事の依頼を受けるために声を発した。しかし声は溜め息の如く希薄で、音を放ってはいなかった。
 抵抗する体を強制的に起こす。それで、やっと声らしい声が出た。
 電話を切り、ベッドから足を降ろす。
 そこで、私は混乱した。
 立ち上がれない。体が言うことを聞かないのだ。
 どうしてだろう。初めての感覚。
 混乱のあまり、立ち上がる動作とはどのように行うのかすら忘れてしまった。
「フン」とか「ヨッ」などと掛け声しても動かない。
 少し考えて、反動をつけることにした。
 一度体重を後ろにかけ、私はそのまま寝転がった。
 アレと思う。
 自分は何をしようとしていたのか。
 右手に掴んだままの、携帯電話。
 そうだ、仕事に行かなくては。
 頭は急く。しかし体が反応しない。
 起きろと念じる。
 強く念じる。
 しかし脳は筋肉に電気信号を送っていないのか、呉作動しているのか、ベッドでのたうち回ることしか出来ない。
 遅れては大変なのだ、人の命に係わる仕事なのだ。
 早く仕度をしなければ。
 思うほどに体が拒絶する。
 こんな状態下で、きちんとした仕事が出来るだろうか。
 不安になる。
 時間は進む。
 焦れる。
 手のひらの異物が強く、重く感じる。
 汗が滲む。
 なぜ動けない、なぜ、なぜ、なぜ。
 焦燥に変わった不安が、さらに変化し、虚ろになる。
 仕事の出来る状態ではない。
 私は電話の履歴から、先方の病院へ断りの電話をかけた。
 声が震えているのが自分でも分かる。手のひらにはじっとりした汗。
 電話を切り、携帯を放り投げる。
 数分後、私の体はしっかりと動いていた。
 これなら仕事に行けたのではないか。私は自分を責める。
 責める心は責められている自分だ。罰しているのは罰せられている自分だ。罪を負った私に、私が罪を着せている。
「ただ、仕事をしたくなかっただけなのではないか」
 怠惰という、ひとつの大罪。
 私の心はループする。
 この罪を購うことは出来るのか?
 虚ろな心は無気力を呼び、絶望が呼応して現れる。ともに誘われ、チラと頭をよぎるのは、死の幻影。
 この状態を異常だと感じ、ループから抜け出せたのは奇跡に近い。
 分野は違えど、私が医療に係わる職業に就いていたからか。
 これは鬱病の初期段階だ。
 しかし、思ってもみなかった。
 うつとは心の病のはずなのに、体が動かないという症状から来るなんて。
  

 男と再会し、久し振りに抱かれた女は不思議な気分だった。
 前に一度きり抱かれた時の関係は、有名バンドのボーカリストとファン。今回のきっかけは、女の働く地方へ男がライブに来た事だった。
 店の女と客。
 立ち位置が逆転している。
 さらに言うなら、女は今、男のファンではない。
 男のバンドは解散しており、ソロ活動を行っている。昔ほどの勢いはなくなっているものの、一部固定のファンや曲調を変えたおかげで、一定の人気を保っている。
 昼時近い午前中、女は男の寝顔を見つめている。
 一度抱かれた男に、初見のように口説かれ、抱かれた。
 それはどこまでも不快であり、忌まわしい気分であった。
 今ではテレビで男の顔を見るのも嫌だし、歌声が聞こえるたびに吐き気を覚えるほど強い嫌悪感を持っている。
 女は汚れを落とすようにシャワーを浴びに行った。
 服を着ようと寝室に戻る。
「やあ」男は裸のままベッドから上体を起こした。「食べる物はないかい」
 二人は簡単な会話をし、女の作ったベーコンエッグとトースト二人分を平らげた。
 ブランチが終わると、気まずい雰囲気になっていた。
 男はトーストをかじりつつも女の態度に気づいていたのだ。
「やけに不機嫌だね」男は沈黙を打ち破る。
「あなたがバンドを解散した理由って、何?」
「朝から重い話をするね」男は頭を掻きながら言った。
「今聞かなくちゃ、二度と尋ねる機会はないでしょ」
「オレがライブに来た時に、また会えばいいさ」
「もう二度と」女は唇を噛んだ「あなたに抱かれるのは嫌」
「なに、その言い方」男は怪訝な顔をしながら、断りもなくタバコに火を点ける。「前にも寝たことがあるような言い方じゃない」どこかに薄笑いを漂わせながら。「そんな話はやめようぜ」
 女は答えず、窓を開けタバコの煙を外に流す。それから灰皿替わりの空き缶を男を投げつけた。
「なんだよその態度」男が怒鳴る。
「いいから答えて!」ピシリと言う。
 女に気圧されたのか、男は低い声で答える。
「あの噂なら本当だよ」表情が強張る。「若かったんだ。若者たちの代弁者みたいに、世を儚むような厭世的な歌を作ってた。それがコアな客層に当たってさ、信者みたいな奴も出てきて、歌詞もどんどん過激になった。オレ達のバンドも注目を浴び始めた時、一人のファンが自殺した。遺書のほとんどがオレの歌詞からの引用だったよ」
「━━それで?」
「厳しいね」男はタバコの灰を空き缶の飲み口に落とす。「それで怖くなった。世間の目以上にファンの目が。『大人になるのは腐ること』そんな歌詞を本気にして死んでしまう人間が居るってことにね。それから、事務所もコトを大きくしたくなかった」
「だから活動を中止して、期間を空けてからソロ活動を始めたの」
「そんな感じかな。でも詳しいね。昨日の感じじゃ、オレのことなんて全然知らない様子だったけど」
「それは詳しいわよ。昨日は仕事。あたしはあなたのバンドのファンだったんだから」
「なんだ、じゃサインでも」緩みかけた男の表情が、一瞬で険しくなる「バンド?」
「そう。今はあなたを好きじゃない」
「その言い方」男はタバコを吸い、苛立たしげに吐き出した。「何様のつもりだよ、お前」
「自殺したファンの友人よ」
 男は混乱した。
 その間にも女は自殺したファンのごく身近な者だけの知る事実を話す。
「信用した?」
「それは」男は言う。「すまなかった」
「バンドの解散に、やっぱり信念とかっていうモノはなかったんだ」女は言った。「歌詞がウケれば過激にして、活動再開してからは愛だの恋だの歌って結婚して、今では甘い歌、歌って一児のパパ。だけどすぐに上手く行かなくなって離婚して、そしたらバラードにしがみつく」
「世の中、綺麗事じゃないんだよ」男は荒々しくタバコを消し、空き缶に捨てる。「事務所の方針もあればタイアップしているスポンサーの意向もあるんだ」
「どこが! 全部自分の都合じゃないの! 解散したのは怖いから、結婚したのはイメージアップ、人気が落ちて離婚して」
「それがミュージシャンってモノだ! アーティストってモノなんだよ!」男は空き缶を壁に投げつけた。壁紙には傷が付き、空き缶は虚しい音を立てて床を転がった。「素人のクセになんなんだ、あれか、自殺した友達へでも謝れってか? 大体な、自殺したコの両親とも話がついてんだ、いくらそのコの友達だったとしても」
「お金で解決しただけでしょ。知ってるの、あたし。あなたはお葬式に顔を出しただけで、後のことは事務所の人が動いただけ。知ってるの。その後、あのコのお母さんは心を病んで、今でも入院しているし、お父さんは心労で亡くなった。全部━━あなたの知らない全部を知ってるの」
「なんだよ気持ち悪い、昨夜オレの誘いに乗ったのは、この嫌がらせをするためだったのか」
「……多分、違う。確認したかっただけ。あなたがどんな人間か。あなたは歌や言葉の影響力を知らない男。そんな人がミュージシャンであるハズがない。アーティストだなんて、おこがましい。あたしの中にある嫌悪感は友達に対する後ろめたさじゃなかった。前に一度、あなたなんて男に抱かれたことへのもの。人生の汚点。あたしも自分勝手な女ね」
「前━━に……?」
「バンドを追っ掛けてた頃の話よ。あのコに内緒で、抱かれに行ったの。あのコが自殺する前にね。きっと知らないまま死んだのだろうけど━━ああ、あたしのことを忘れてるのは仕方ないと思ってるから、気にしないで。女なんて星の数ほど抱いてるんでしょ。そんなこと承知の上で寝たんだもの。歌を歌って交尾して、あなたは、ただのカナリアよ」

 数ヵ月後、男は「哀れなカナリア」という曲を発表した。
  

 Come on now
 Mr.RON RON RON
 Come on now

 Hurry up
 Dance Dance Dance
 Come on now

 Mr.RON
 Hurry Hurry Hurry
 Come on now

 Hurry up
 Mr. Mr. Mr.RON RON RON
 Come on now

 Mr.RON
 Come on Come on Come on Come on now
 Go to THE HELL
  

 わたくしの乗つた汽車からは、酷く臭い、しかし懐かしいやうな空気が漂つておりました。
 けれども不可思議な事に、わたくしはそれ程気にする事も無く、壁と平行に設置された席の一つに座つたのです。
 汽車の扉が締まり、蒸気を上げて、鉄の乗り物は走り出しました。
 すると、わたくしの首筋ゑ、ぽたりと生暖かゐ雫が落ちて来たのです。
 上を見ました所、網棚に、布にくるまつた荷が置ゐてあつたのです。
 わたくしは興味に駆られました。
 はしなくも座席に立ち、ツマ先を立てて網棚を覗きました。
 横長に大きな物が、幾つかの層をなして置ゐてあります。
 一番上の物は他の半分の長さであり、わたくしは布に包まれた物を見やうと手を伸ばしたのです。
 ぐしょりと、脂のような液体に、布は濡れおりました。
 けれども気にする事も無く、わたくしは布を━━
 ━━中には、どこかで見たやうな気のする少女の屍体が、くるまれておりました。ましろな肌には弾力も無く、つつけば皮膚が破けてしまゐそうです。彼女はキチンと居ずまい正しく花柄の着物を着て、まるでお人形さんのやうでした。けれど、ぬめぬめとした感じがして、やはり本当の人形とはあからさまに違つたのです。
 少女の屍体の下には何があるのだらう。
 わたくしの興味心は歯止めが効かなくなつてしまつてゐたのです。
 そうして下の布を捲つてみると━━中身はみんな同じだつたのです。
 同じ顔をした少女が同じ花柄の着物を着て、布に包まれ、縦に二人、並んで居たのでした。
 奇妙な光景でありました。
 更にその下に、また同じく二ッつ、同じ少女が同じ花柄の和服を着て死んでおりました。違つたのは腐敗の度合いが少し進んでゐる所だけでした。
 屍体の数は、全部で五つであつたわけなのです。
 そして布は腐つた体液に塗れ、その雫がわたくしの首筋に落ちて来たとゐう事なのでせう。
 けれども、どうしてわたくしは、この少女達を見知つたやうに思われるのでせうか。しかしその答えは、すぐに分かりました。
 硝子に映つたわたくしの顔が、彼女達の顔とそつくり同じだつたからです。勿論、わたくしの着てゐる和服の柄まで。
 わたくしの頭に、一つの断片的な記憶がよぎりました。それはどこかの研究所らしき所で、透明に透けたわたくしの体に生理食塩水が注がれる所だつたのでござゐます。
 一時の映像として思い出されました記憶によつて、わたくしは何をするべきなのかを察知致しました。
 わたくしは苦心して網棚に乗り、一人の少女の足元で、二人のわたくしの屍体の上で横になり、布にくるまりました。
 わたくし達は、きつと、失敗作だつたのでせう。
 わたくしは目をつむりました
 後はただ、汽車の走る中で、体が腐れて行くのを待つだけなのでござゐます。
  

Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]