忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 152 ] [ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ] [ 147 ] [ 146 ] [ 145 ] [ 144 ] [ 143 ] [ 142 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 辛いの?
 ううん、悲しいの。

 寒いの?
 ううん、寂しいの。

 痛いの?
 ううん、触れてほしいの。

 まぶしいの?
 ううん、泣きたいの。

 流されるままで良いの?
 ううん、転がり墜ちたいの。

 どうして否定ばかりするの?
 ううん、君の言う事も本当なの。

 さっきまでの答えは嘘だったの?
 ううん、全部が本当なの。

 分からない。あなたは結局、何がしたいの?
 ううん、本当は、君が一番分かっているはずじゃないの。

 ━━死にたいの?
 ううん……生きているのは確かに怖いけれど━━死ぬのは……死ぬのは、もっと怖い気がするの。


 あなたは、私と暮らしたくないと思っているの!
 だから、迷っているの。

 あなたは、どうして私と別れたいなんて言うの!
 だから、君を不幸にしているのじゃないかと思っているからなの。

 あなたはどうして、そう考えてしまうの!
 だから、僕には生活力が無くて、君に苦労をかけてしまうだけ、そう考えたからなの。

 あなたのおかげで、私は頑張れていたの!
 だから、僕は君の荷物として、疲れたの。

 あなたは荷物なんかじゃないの!
 だから、荷物でないとしても、その位置に疲れたと言いたいの。

 あなたをペット扱いしているとでも言うの!
 だから、言い方なんて関係なく、このままでは、君と僕が腐って行くような気がするの。

 ━━あなたが……私には、あなたが居ないと駄目になるの!
 だから……君は僕と居ると━━駄目になる気がするの。


 なら、私の事が嫌いになったの?
 いや、君の事が大切だから、こうしないといけない気がしたの。

 なら、あなたに依存しているとか、言うつもりなの?
 いや、難しい事は分からないけれど、君の負担になりたくないの。

 なら、あなたは私の負担じゃない。そう言っても、それでもあなたは別れるつもりなの?
 いや、別れるというよりも、このままでは、僕達はどこにも行けない気がするの。

 なら、どこに行くつもりなの?
 いや、それは、まるで分からないの。

 なら、今すぐでなくても良いんじゃないの?
 いや、僕は少しでも早い方が良いと思うの。

 なら、あなたが出て行った後、私はどうしたら良いの?
 いや、君は君のままで良いと思うけれど、それまでには、時間がかかるかもしれないね。だから、ゆっくりでも良いと思うの。

 なら、あなたはどこまでも私が独りで生きていけると思っているの?
 いや、またどこかで会えるかもしれないし、他の素敵な人が現れるかもしれないって思ってるの。

 なら、あなたは本気で、私がパートナーでなくても良いって思っているの?
 いや、僕のパートナーは君だけだと思う。これからも君以上の人とは出会えないと思うし、出会うつもりもね、本当はないの。

 ━━なら……私が生きてく意味がなくなるのと一緒じゃない━━私には、もう何もないの?
 いや、君は強い。僕なんかよりも。だから、君にはもっと先の道へと進んでほしいかったのに、ウッ、なに、包丁、ゲホッ、どうして、どうして……止めろ、君までどうして死のうとする、心中なんかしようとするの?
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
悲しいすれ違い。
背中を向けて会話してる映像が見えました。
2010 / 08 / 09 ( Mon ) 20 : 40 : 53 編集
Re:無題
実は双頭の悪魔、ヤヌスを思い浮かべながら作ったものなのです。
自分の中のアニマとアニムスが会話をし、破綻する。
自らを肯定できる人は、どう折り合いをつけるのでしょうかね。
【 2010 / 08 / 10 22 : 36 】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]