忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ] [ 147 ] [ 146 ] [ 145 ] [ 144 ] [ 143 ] [ 142 ] [ 141 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 天使と悪魔は表裏一体の存在だ。
 その顕著な例が、死の天使、サマエル。
 サマエルは始め、病人を天に召すという重要な役割を持った天使であった。
 しかし死を司るという性質のため、いつしか立場は死へ誘う悪魔として堕とされる。
 そして、堕天使となり、死神の扱いを受けることとなった。
 まさしく、聖と邪は表裏一体である。このことに気づいた19世紀の巨人は、神の存在を疑問視し、結果、ツラトシュトラを媒介とし、力への意思を示した。
 だが、彼の指針は個による超人への憧憬であった。 そこに、彼の危うさを見受けることができる。
 畢竟、人間とは社会的生物なのである。
 彼の見落とした部分は、そこにある。
 人とは、人との間、関わりを持ってこその人間なのだ。
 個と個の思考、嗜好、志向とは、微妙に違い、その差によってバランスを保っている。
 互いに研磨し、止揚することによって、人間社会は進歩して行く。
 個と個のつながりが、超人対超人であることが望ましいのだが、自らを全肯定しながらも迷いの中に在る者である。
 したがって、超人とは超人たるがゆえに、己が主張と他者の主張とは僅かな誤謬によって反発することも、想像に難くない。
 それは当然、軋轢をもたらす。
 ならば、これから我々の進むべき道とは何なのか。
 そこに超人と対極にある、全否定をもってするのは安易かつ不適当で不誠実な対応であろう。

 ディスプレイを見て、笹木は溜め息を吐く。
 どうしたって、この後が続かないのだ。
 それも当然と言えよう。
 笹木は巨人の天才ではない。
 彼は、明日締め切りのレポートを書いている一学生にすぎないのだ。
 何杯目かのコーヒーを飲み、笹木はコメカミの強張りをほぐす。
 そしてふと、手を伸ばす。
 壁に掛けられたコルク製のパネル。
 ピンで止められた、いくつか写真。
 実家の猫、彼女の写真、友人の笑顔、ベースを弾く笹木、夜の中で彩られたモンサンミッシェル。
 一つ一つ、笹木は写真に触れる。
 指先で、撫でるように。
 指紋がつくのも構わず。
 手が、安らぎを感じる。
 手に、思い出が伝わる。
 手の、その指先から疲れが薄れ、暖かい優しさに包まれる。
 手を、手を伸ばし、触れただけなのに、笹木は静寂覆われ、一瞬の安らぎに心を奪われる。
 理屈じゃないんだ、笹木は思う。
 小さな集団であっても、無私、無欲、無償、利他、自己犠牲の精神すら、個々人の思いは擦れ違う。
 互いに思い合っていても、どれ程、皆の幸福を考えてした行動であっても。
 それによって、人は諍う。
 人間が、皆同じ考えを持つ方が異常なのだ。何かに突っ走る、集団心理と同様に。
 悲しいけれど、それが現実というものだ。
 人はどこまでも分かり合えない。だからこそ主張し、折り合いを付け、分かった気になって納得という妥協をする。
 しかし、それは馴れ合いだ、予定調和でしかない。
 不協和音を産み出さなければ、閉塞した現状を打破しえない。
 そして、新しい不協和音は、ここにある。
 笹木は手を握り締め、ディスプレイに視線を移す。
 現実と電脳世界。
 二つの世界は交錯し、しかし決して同一視してはならない。
 なぜなら、それは理屈と本能の世界であるからだ。
 今はまだ脆弱で確定定まらない、本能である電脳世界。
 本能が牙を剥き、理性を凌駕した時代。
 何が待ち受けるのか分からない。
 けれど、変革はもう訪れている。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]