忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 154 ] [ 153 ] [ 152 ] [ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ] [ 147 ] [ 146 ] [ 145 ] [ 144 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 殴られた衝撃で、アキラの眼球が飛び出した。そのまま彼はビールケースに顔面を強打し、立ち上がった時には、かろうじて視神経の束のみで目玉は体の一部であった。
 けれどそれも一瞬のこと。混乱したアキラは自分の状況を把握できないまま、のたくったので、振り回された眼球は路地裏のコンクリートにぶつかり、結果的に水晶体から体液が漏れ、レンズ体が歪み、視覚という重要な機能を壊滅的なまでに損なった。
 田舎町のキングであったアキラ、突然の裏切り、部下による警察との汚職や敵対チームとの癒着。
 すべてが明らかになった時には、もうすべてが遅かった。
 痛み、右目の損失、部下の裏切り、談合による計画的排除、様々なパニックがアキラを襲う。
 しかし混乱は役にたたない。むしろ行動を制限し活動域を萎縮させる。
 保身のために路上で丸まるアキラ。
 けれど攻撃は容赦なく、鉄板入りの安全靴が脇腹に食い込む。吐き出される空気。呼気を求めて喘いだ頭をスパイクで踏みつかれる。鈍い音がして、鼻軟骨が折れたのが分かった。鼻血が地面に広がる。ようやくつながっていた視神経もここにきて断裂し、眼球が転がった。
 アキラの眼球を誰かが笑いながら摘み、落とし、タバコの火を消す日常的な軽いしぐさで、それを踏み潰した。
 アキラのバラけていた思考回路が、屈辱にまみれた暴力的復讐に収斂される。
 彼は怒力に任せて立ち上がり、睥睨した。
 片目を失い、眼窩からは涙と血に混じった粘性のある体液がこぼれ、潰れた鼻からほとばしる血液も尋常ではない。
 暴行を加えていた者達も、アキラの気迫に圧倒され、一歩二歩と後ずさる。
 アキラはボクシング型のファイトスタイルをとる。しかし片目を失い、距離感が掴めない。が、それでも彼には意地があった。一矢を報いて、前のめりに散ろうとする、敗者に許されたただ一つのプライドというものが。
 息を整え、軽いステップ。バランス感覚を少しでも取り戻し、関節や筋肉等の肉体的ダメージを確認する。
 アキラは不敵な笑みを浮かべた。胸中にこだまする言葉はひとつ「もう駄目だ」それでも笑っている自分。決して楽観視しているどころか、最悪のシナリオが頭を巡るのに、この感情はなんだろう。
 逃げなかった自分、最後の自己満足? いや、そんなちっぽけな所すら通り抜けた、清々しい何かだった。
 数時間、いや、数十後に彼の命は終わるだろう。事実、そうなった。翌日の新聞では数々の事件に埋もれた中の、小さな記事として、数行で扱われた。
 アキラが感じたのは、クソッたれた人生からの脱却を予見したゆえの恍惚感かもしれない。それまでの奔放な生き方への肯定、決して後悔などしないという意志の現れかもしれない。
 いつだって強者は弱者になりえり、弱者も強者になりうる可能性を含んでいる。
 でも、真の強者はいつだって孤独だ。アキラは部下達の裏切りにより、本当の彼らと触れ合えた気がしたのかもしれない。
 いや、アキラ自身にも分からなかったのだ、すべては蛇足だろう。 最後に、アキラが笑った。それだけが救いであり、真実なのであった。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]