忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 158 ] [ 157 ] [ 156 ] [ 155 ] [ 154 ] [ 153 ] [ 152 ] [ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 彼女の指は白魚のよう。ピチピチと携帯のタッチパネルを操作する。
 ブラウンの入った瞳はピータンみたいで、それを包む青みがかった白眼は爽やかそうなゼリー。どちらも薄い涙に濡れて、みずみずしい張りがある。
 耳たぶは柔らかそうで丸みを帯びている。リングのピアスが光を反射し、まるで剥き身にされた貝からしたたる水滴に見える。
 筋の通った鼻は適度に高く、小鼻と影のできた鼻の穴が、なぜか海老を連想させる。
 ふんわりと微笑んだ彼女の頬は、生気にみなぎりほんのり赤い。盛り上がったその部分は、上品な甘さを含んだ和菓子のようだ。
 厚く、健康的な唇は一対のハバネロ。そこからのぞく白い歯は、きれいに並んだ小粒のホワイトチョコレートさながら。
 茶色い髪にボブカット。ストレートな髪質はモンブランケーキのムース。
 蒸かした男爵芋のような体温を持った膝から伸びる、しなやかな脛は、茹でた鶏のササミのよう。
 レースのショーツに包まれたヒップは歯ごたえ優しい桃。
 ブラジャーのカップに収められた胸は、きっと上質なミルクプリンに違いない。
「失礼しました」彼女は雛鳥のような声を発して詫びる。
 そうして戸惑った仔羊の動きで動揺し、携帯をしまう。

 わたしの脂ぎった腹が鳴る。
 ――美味そうだ。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]