忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 159 ] [ 158 ] [ 157 ] [ 156 ] [ 155 ] [ 154 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  


 とりあえず生きていなければ
 どうにか生き続けなければ
 そのようにして今ぼくは生活を送っている
 蛞蝓みたいに地べたを舐めて
 夏の暑い日に干からびないように

 いっそ誰かに塩を振ってもらえたら
 ぐずぐずに溶けてしまえたならば
 しっぽを振った犬の気持ちですり寄るだろうか
 きれいに消えるような甘い誘惑ならば
 苦痛がないなら浴びただろうよ

 いつも誰かに甘えて寄りかかり
 覚悟もなく怠惰の才を発揮している
 新天地を求め干からびて死ぬ蚯蚓ほどの大望もなく
 安全地帯に囲まれて世界を覗いている
 とびきりの無害さを装って

 装うならば甲冑に身を包み
 せめてもの気概を露わにしてみれば
 出てくるものは聞く者を辟易させる愚痴ばかり
 いつからか戦い方を忘れている
 いつからだろう生き方を忘れている

 いつしか手にとる武器は脂肪にまみれ
 汚泥の中で価値を喪失していた
 いつかは戻り立ち上がれるだろうことを夢見ていた
 しかし夢は夢で終わりつつある
 違う夢の中にいるジャンキーのように
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Google
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]