忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 159 ] [ 158 ] [ 157 ] [ 156 ] [ 155 ] [ 154 ] [ 153 ] [ 152 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  


 白い機体をなめるようになでる。
 コイツの名前はカルメン。
 惜しいけれども最期の出撃。
 華々しくしく散ろう、二人で一緒に。
 乗り込むコクピットはいつものように馴染んで僕を受け入れる。
 艶めかしく光を反射するカヴァー。
 上下に揺れる機体の中でコントロール、ゆっくり進めて滑走路へ。
 すべての指示は、僕が出す。
 僕とコイツのラストフライト。
 速度をあげて夜の空へと。
 地を離れると加速の重力、空気の浮揚。
 冷静と興奮、判断と高揚、操縦と反応。
 主と従者。
 時に従者は空気の抵抗を受け、主を煩わせ。しかしそのもどかしさが支配欲を増幅させる。
 無断の出撃は最期の足掻き。
 どうせこの国は陥ちるのだ。
 優雅にロール、楽しく急上昇、美しいほどの背面飛行。
 頭上に地上、倒錯した世界からお前と急降下。
 見せつけるように空のダンス。
 乱れるように空のスウィング。
 アップダウンの激しい挑発、右へ左へわがままに。
 解放された抑圧を見せつけるように。
 喘ぐようなアラート。
 やっと出てきた敵国の機体は複数。
 「行くぜ、相棒」乱暴に、時に優しくカルメンの機体をゆらす。
 ロックオンからの激しい離脱の波。
 もう機体は、どの方向にブレているのかすら分からない。
 無数の弾丸に曝され、凌辱される機体。
 けなげな相棒を内側からなでる。
 後方からの激しい衝撃。
 煙をあげて爆発するエンジン。
 望んでいた足掻き。
 求めていた死地。
 爆風で千切れる尾翼の感覚が、むしろ心地よい。
 「相棒、お疲れ」僕は愉悦に浸っていた。「カルメン、最後の花火だ。派手にイこう」
 残弾を、すべて発射する。
 何機かは道連れにできたみたいだ。
 キャノピーにはすでに炎が回り、墜落の地面は迫っている。
 「お前と死ねて、僕は幸せだ」
 僕は笑顔で、本当の最期となる振動に身をまかせる。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Google
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]