忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 94 ] [ 93 ] [ 92 ] [ 91 ] [ 90 ] [ 89 ] [ 88 ] [ 87 ] [ 86 ] [ 85 ] [ 84 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 何の意味もなく、頭の中でカウントダウンをしてみる時がある。
 十から始まる時もあれば、いきなり三から始める時もある。
 数の間隔もバラバラで「じゅ~~う」「きゅ~~う」「はち、なな、ろく」「ご~ぉ」と「ゼロ」と終わる時もあれば、時計の秒針の動く音に合わせてカウントダウンする時もある。
 何の意味もないのだけれど、「ゼロ」の瞬間に辺りを見回し、耳を澄ます。
 すると不思議なことに何かが起こる。
 家の中に居る時には、サイレンや車の音が聞こえてきたり、スズメが飛んできたりする。
 外に出た時には、信号が一斉に変わったり、誰かが転びそうになる所を見かけたり。
 何でもない、日常的でありふれたことなのだけれど、なかなかの確率で、そんなものを見つけたり聞いたりするのだ。
 本当に些細なことなのだけれども、「ゼロ」の瞬間には何が起きるかと、ちょっと楽しい気分になる。
 でも、もちろん、いつも何かが起きるとは限らない。
 そんな時には、こう思うのだ。
 世界は広い。今、この瞬間にどこかの国の誰かがおならをしたかもしれない。何かの動物が子供を産んだかもしれない。どこかで虫が踏み殺されたかもしれないし、象が水を浴び、ミミズが捕食されたかもしれない。木の葉は風にそよぎ、あるいは伐採され、どこかでは雨がやんで虹が架かっているかもしれないのだ。
 どうです?
 ちょっと試してみたくなったでしょ?
 そんなこともないのかな。
 試してみたくなった方は、一度、やってみて下さいな。
 大事なのは自分のタイミングで数を減らすこと。
 でもね、ひとつ注意して下さい。
 カウントダウンをしている間、そのことに意識を集中していると、いろんなものを見失います。
 だって、数を減らしている瞬間瞬間にも、世界は動いているのですから。
 本末転倒でしょうか?
 でも、それくらいが調度良いのかもしれませんよ。
 人が一生のうちにできることは限られているんです。
 ひとつひとつ、目の前に立ち塞がる障害を越えていくしかないんです。
 疲れて迷い、嘆いた時こそ「ゼロ」の心境になって、周りを見回してみましょう。どこか抜け道があるかもしれません。
 自分の一番心地良いタイミングで、数を減らすんです。
 ゆっくりでも良いから、確実に。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]