忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 137 ] [ 136 ] [ 135 ] [ 134 ] [ 133 ] [ 132 ] [ 131 ] [ 130 ] [ 129 ] [ 128 ] [ 127 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 ボーン ボーン ボーン ボーン
 古時計の音が聞こえな気がして、私は目を覚ました。

「お母様、お母様お母様、おかあさ、まー!! お母様お母様お母様、私を、私を、私を、許してー!! 親不孝の私を、私を許して下さいまし。お母様お母様お母様」
 隣の部屋から声が聞こえる。
 こちらの壁を叩きながら誰かの声が聞こえてくる。
 私には記憶が無いため、この病院に入院しているということは知らされている。だから、隣の声が誰のものなのかは分からない。隣の女の子は本当に私の子供なのだろうか。
 それ以前に私に子供が居るのかどうかさえ記憶が失われているから。
 廊下から足音が聞こえ、私の部屋のドアが開いた。
 主治医が新聞紙を抱え、立っている。
「こんにちは━━さん。今日はあなたに関する新聞記事を持って来ました。少しでも思い出せるきっかけになってくれるかもしれませんので」
 主治医は私にその束を渡す。彼の眼鏡の奥の瞳に怪しい光が宿った気がした。

 以下、新聞紙の見出しと内容。

【無理心中か!? 娘の運転する車が海に突っ込む】
 ×月×日未明、━━さん母子の車が海に転落する事故が起きた。調べによると、車を運転していたのは娘の━━さん(21)である。目撃者急によると、海へ向かってスピードを上げたという。

【原因は精神錯乱か】
 ━━海に車こと転落した母子が、二人暮らしであることが分かった。さらに娘さんには精神疾病があることも判明。症状は比較的に軽いものだという。統合失調症であり、突然の被害妄想に襲われたのではないかと思われる。社会復帰を目指して車の運転を練習していた最中の悲劇であった。

【事故の母子、意識を回復】
 以前に何度か取り上げた、海へ転落した母子の意識が回復した模様。なお、母親の意識は、はっきりしているものの、記憶が喪失されていることが分かった。娘の記憶はしっかりしているが、精神が不安定になっているという。母子の精神安定のために、二人の病室は別にされているとのこと。

 私は記事を読んでも、他人事としか思えなかった。
 私がこの事故に巻き込まれたということなのだろうか?
 ……信じられない。

【新聞に混じったメモ用紙】
 ♪スカラカチャカポコチャカポコチャカポコ
 ♪私は本当の私で無い あなたが本当の私だから だけれどあなたも偽者で 私が本当の私であるはず
 ♪スカラカチャカポコチャカポコチャカポコ
 ♪スカラカチャカポコチャカポコチャカポコ

 直後、私は頭痛に苛まれた。
 隣の部屋から声が聞こえる。
「お母様お母様お母様お母様、どうか、どうか親不孝の私を、私を許してー!!」

 主治医の女医が笑っている━━?
 邪悪な感情。
 この女は……夫を……奪っ……

 ボーン ボーン ボーン ボーン
 古時計の音が聞こえたような気がして、私の意識は、まどろみ始めた━━
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]