忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 140 ] [ 139 ] [ 138 ] [ 137 ] [ 136 ] [ 135 ] [ 134 ] [ 133 ] [ 132 ] [ 131 ] [ 130 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 風が鳴いていた、木枯らし。
 気温の谷間、冷えた夜。
 ベランダに光る網、蜘蛛の糸。
 長い脚に弄ばれる、もう一つの命。
 糸に巻かれる屈辱と恐怖、そして絶望。
 そうして、諦観。
 否、否否否。

 節足動物に、感情があるのだろうか。
 本能以外に、自我や意識が存するのか。
 人とは違った、基幹意識を持つものなのか。
 帰納でも演繹でもない思考法、それは何処。
 飛躍も推測でも憶測でもない、手法。
 アトランダムなプログラムとも、異なる方式であるのは確か。
 何らかの作為に依らずして、生存本能の確立は成し得ない。

 自己保存と繁殖能力への渇望は、遺伝因子が命じている。
 人と遺伝の違い、それがすべてか。
 人と他の哺乳類の差とは、何ぞや。

 遺伝子の違い、配列コードの組み違え。
 いわゆる動物、畜生獣に時間の概念は無いと言う。
 時の流れを把握出来るのは、人だけなのか。
 しかし人にもよって、遺伝子の違いは有る。
 多少の誤差だが、看過は出来ぬ。
 盲目の者に色を伝えるは難しく、無痛無汗症患者に痛みを教えることも出来ぬ。
 一般人は、共感覚を得られるだろうか。
 なればそれは、個人単位の問題。
 曰く、クオリア。
 つまりは、人と人とは別の世界に住んでいる。
 それを擦り合わせるのが、社会の規範常識モラル。

 外れた者は、別の掟に縛られる。
 厄介者は、知識と知恵。
 故に人は、死ぬまで戦争を捨てられぬ。
PR
  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]