忍者ブログ

空の青さが、やけにムカツク

『揺れるココロ、と高鳴るドウキ』__完全自作の小説・詩・散文サイト。携帯からもどうぞ。
[ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

 白球を突き、他の球をポケットに落とすゲーム、ビリヤード。
 私はこのゲームが嫌いで嫌いでたまらない。
 似たゲームとしてボーリングが上げられるけれど、ビリヤードに比べたら断然マシだ。
 両者の共通点、それは他者を弾き、その存在を物理的に否定する事にある。
 ボーリングがビリヤードよりマシな所は、ガーターがある点だろう。球の方にもリスクがある。
 対してビリヤードの白球には、ゲームの主人公としての重要視された特殊なルールがある。
 つまり、私にとって、白球は他者を排除するシンボル的存在であって、その厚顔で鉄面皮な所が気にくわない。
 それは、私が自分を恥ずかしく思い、この世から消え去ってしまいたいと望む者だからだろう。

 人に限らず、命の有る無しに関わらず、あらゆる物質、物体は、その空間に有る限りに於いて、他者の存在を否定する事になる。
 その空間を占有するからだ。
 簡単に言えば、水の満杯な浴槽に人が入る。すると、その人間分の体積と同じだけの水が溢れ、押し退けられる。
 つまり何物かが存在するという事は、別の何物かが存在する可能性を奪い取る事なのだ。

 まさしくビリヤードそのものではないだろうか。
 他者を押し退け、自分の存在を主張、誇示をするゲーム。

 何故、私がこんな考え方に染まったのか、その説明をしなければならないだろう。
 自分を恥じ入り、消え去りたいという話は、すでにした。
 問題は、その理由である。
 私は精神的な病を患っているのだ。
 いわゆる鬱である。
 自分の呼吸すらが他人の酸素を奪い、人の迷惑になっていると感じている。
 病が治らない事に対する肉親への思い。自分を責める気持ち。
 それでも生き続けているのは、自分の足跡を滅したいのに、それは無理だと分かっているからだ。
 自分が産まれ、育ち、その間に出会った人たちの記憶から私を消したい。自分の物、した事、された事、食べた物、その他、この世に関わり、生きた証を一つも残さず、消え失せてしまいたい。
 けれども、そんな事は物理的に不可能なのだ。
 一番、それに近しい事ができるとしたならば、なるたけ人の世を平穏に生き、最低限の人とだけ関わり合い、子孫を作らず、自然死をし、私を知る者が一人も居なくなった百数十年後まで待たねばなるまい。
 市井の名も無き人間として生活し、一日も早く死ぬ事を願うだけの毎日。
 他人を押し退けてまで生きていようとは思わない。

 だから、私はビリヤードという自分を主張するゲームの、いや、白球の存在が嫌いなのだ。
 到底、私には受け入れがたい。容認する事は許されない。

 でも、本当は分かっている。
 私がビリヤードを嫌っている理由は、一種の羨望があるからだ。
 私は醜い嫉妬に駆られている。
 そしてその思いの分だけ、他者を否定し、自分に拘泥している事にも。

 分かっている。
 この心の捻れのわけも。
 私は自分が好きなのだ。
 そして、同じくらいにそんな自分が許せず、嫌いなのだ。
PR
  

 今週用のショートショートを読み返した結果、つまらなかったので来週頑張ります。
  

 ぷっつりとは簡単に切れなかった。
 滲み出た血や体液みたいなもので粘ついていたのか、それとも包丁が滑ったのか。
 血管はこりこりっと刃を逃れ、やっと切れ目が入ったのだ。その音はどこか湿っぽくて、ぷっつりというよりも、ぷつるりという音だった。
 ぷつにゅるり、みたいな感じもしたが、伸びた管は、一旦、切れ目が入るとすんなり裂けたので、やはり、ぷつるりという感触が一番合っているような気がした。

 彼女がリストカットをしたのは、これで三度目だ。
 一度目は手首に包丁の先端を突き刺したのだが、骨に邪魔され失敗した。
 前回は傷が浅すぎ、親に発見されて全治一週間の怪我で済んだ。
 今度はしくじりたくなかったので、タオルを噛み、肘の付け根を紐で縛って血管を浮かせた。手首を氷水で冷やし、感覚も鈍くしておいた。

 重要なのは静脈ではなく動脈。それを探っているうちに、痛みはいつしか快感を伴った。
 ぷつるりと動脈が切れた瞬間には、薄氷のような笑みが顔に浮かぶ。
 溜めた水に傷口を浸す。
 赤黒い血が透明な水を汚していく。
 出血による脱力感が心地好い。
 突然の目眩。
 暗転する景色。
 足元が覚束なくなり、よろめき倒れた。

 数時間後、彼女は病院のベッドで気が付いた。
 主治医の名には、母親の名前が書いてある。
 そう、彼女の母親は外科医なのだ。
 嫌だなと彼女は思う。
 主治医である母親は、彼女に様々な質問をした。
 彼女は正直に答える。
 しかしなぜ何度も手首を切るのかといった質問には答えが詰まった。
 考えても分からなかったのである。
 けれど、母親が去り際に放った一言で、手首を切った理由が分かったような気がした。
 母親は、彼女にこう言ったのだ。
「どうせ血を流すなら、献血でもしてくれれば良かったのに。あんたへの輸血だってタダじゃないんだから」
 それは場を和ませるための軽口だったのかもしれなかったが、彼女にはもちろん、そんな風に捉えることはできなかった。
  

 相談内容

 私は結婚して六年になるのですが、義父の目が気になるのです。
 義父は今現在も勤めている会社の上司でもあるのですが、とにかく嫌らしい目で私を見るのです。
 一日中、朝起きて出勤し、帰って寝るまで。
 出社する電車の中では体を密着させられ、会社では肩や尻、股間まで冗談混じりに触れてきます。更には、しつこくお酒を飲みに誘うのです。家で飲めば良いと断るのですが、なかば強引に付き合わされるのです。
 そしてヒワイな話を聞かされます。時には私たち夫婦の生活を聞きたそうな素振りも見せて。
 いくら会社の上司であれ、義父であるとはいえ、度を過ぎているとは言えないでしょうか。
 私は婿養子という立場のため、あまり下手な態度も取れないのですが、妻を愛している一心で我慢してきました。
 けれども、もう、こんな生活には耐えられません。
 どうかお願い致します、私に良いアドバイスを下さいますように。

 相談者 三十一歳 会社員 男性

 回答

 あなたのお義父様は、純粋にあなたと仲良くしているだけでしょう。
 むしろ問題は、それを性的に捉えてしまうあなたにあるのではないでしょうか。
 幼少期に何かあった場合は別ですが、あなたにはホモセクシュアルかバイセクシュアルの傾向が隠されているのかも知れません。
 あなたはお義父様に恋心を抱いているのではありませんか? それを否定するために、あなたはお義父様を遠ざけているのではありませんか?
 あなたには、私と同じ臭いを感じます。
 一度、ご自分の心を確かめてみてはいかがでしょう。

 回答者 作家 動静愛
  

 一人で居れば裏切られない。憎まれない。期待もされない。期待しない。見下されない。皮肉も言われない。生活を乱されない。邪魔されない。時間を拘束されない。好きにできる。自立できる。自由である。

 けれど独りで居ると、

  

Google
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/26 小山ぼんさん]
[08/09 眠]
[04/22 眠]
[04/22 眠]
[01/15 眠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
クモリのちハレ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]